積極的にリサイクルしよう

>

簡単にリサイクルができる

正しい方法で捨てよう

家庭でゴミを出す時は、全て燃えるゴミにだせば良いと思っている人はいませんか。
ですが、燃えるゴミと燃えないゴミに分別しなければいけません。
間違った方法では、無駄な有害物質が増えるので地球温暖化を促進させます。
また、家電などをゴミに出す時も注意が必要です。
家具や家電は粗大ゴミという種類に含まれます。
燃えるゴミに出せないので、粗大ゴミを処分してくれる業者に連絡してください。

家電の中には、まだ使える部品が残っているかもしれません。
それもまとめて処分するのは、非常にもったいないです。
使える部分を取り出して、新しい家電を作る時に活かせればゴミの量が減ります。
自分で家電の部品を取り外すことは難しいので、業者に任せましょう。

繰り返して使う

スーパーやコンビニエンスストアで、ペットボトルに入った飲み物を購入する人が多いと思います。
水分補給は大切ですが、毎日たくさんのペットボトルを購入するとそれだけゴミが増えてしまいます。
ペットボトルを毎回購入するのではなく、水筒に飲み物を入れて持ち歩くとゴミの量を削減することに繋がります。
また、水筒を持ち歩いた方がお金の節約にもなると言われているのでお得ですね。

水筒以外に、ハシなども繰り返して使ってください。
コンビニエンスストアに行くと、気軽に割り箸を貰えますがゴミの量が増えます。
ハシを持って行くぐらいなら、荷物にも感じないでしょう。
自分でできる範囲の事で良いので、なるべくゴミを減らす意識を持ってください。